ふんわり、しっとりチーズケーキ作りました!



 

こんにちは、藤島住宅の大目(おおめ)です。

先日、久しぶりにお気に入りのチーズケーキを作りました。

いつもと同じレシピですが、焼き方を少し変えてみました。

我が家の手作りチーズケーキ

 

丸型で焼くのですが、今までは焼く時にオーブン用のプレートに別で沸かした熱湯を薄く張って焼いていました。

蒸し焼き効果で、しっとり感を出すためです。

とは言っても、シフォンケーキをベースにしたレシピなので、ふんわり感がメインの食感としています。

 

今回は、熱湯ではなく水にして少し多めに張って焼きました。

底の部分の火の通りが遅くなるのでしっとりした食感になると、先日テレビで言っていたのを見たので試してみました。

 

和菓子の焼き菓子もそうですが、最初下火を強めにして焼くことで、しっかりと浮いてくれます。

最初から上火を強くすると、お菓子が浮こうとしているのを上から押さえつける感じになってしまいます。

 

なので当然、浮きが悪くなるだろうなとは想像できましたが、写真の様に下層の部分はほとんど浮いていなく、粗熱が抜けると表面にしわが出来てしまいました。

 

参考のレシピでは、最後に粉糖をかけて仕上げます。見た目の荒は隠せるかも!

 

でも食べてみると、下の部分はレアチーズの食感に似ていて、テレビで言っていたように2つの食感を味わえました。

 

どっちかに統一した方が・・・とも思いますが、これはこれでって感じです!

 

今年のクリスマスケーキも、私が焼く予定です。

一昨年の失敗の雪辱を晴らすべく、チョコレートケーキをホールで焼く予定です。

 

前回は、折角だからとちょっと高めのチョコレートを買ってテンパリングをしたのですが、どこかで失敗、原因は分からず・・・

その時のブログ「手作りチョコレートケーキ失敗・・・」

 

なので、今年は、テンパリングしなくても良いふつーのチョコにしておこう。

 

今、ネットで良さそうなレシピを探しています。

 

ちなみに、私の携帯には、「DELISH KITCHEN」と言う料理レシピのアプリが入っています。

冷静にふと考えたら、50歳男性の携帯にこのアプリが入っているのは少数派だろうなと思ってしまいました。

いや、意外に居たりして?!

 

 

明日は、【ナテュールヴィーレ川口在家町】にて現地販売会で待機予定です。

少しでもご興味がありましたら、お気軽にご来場ください。