パートナーとして、アドバイザーとして!



今日は、藤島住宅の大目です。
先日、小1の息子に、木で宝箱を作ってあげました。
私が、小4の時に作ったのを思い出しながら、からくりの鍵を付ける予定でしたが、頭の中の設計図を頼りにしたら、まったくからくりになりませんでした・・・!
でも、チビは「気に入った!」と喜んで遊んでくれています。
四角い木を切り出しナイフで丸く削るのを見て、「すごーい!」とびっくりしていました。
さすがに、まだナイフは持たせられませんが、少しずつ自分でやらせようと思っています。
おそらく、1~2回は手を切ってしまうかもしれませんが。。。
さてさて、
私は、よく「物件をどんどん見に行きましょう。」とお伝えします。
そして、「実際にご覧になってのご感想をお聞かせください。」とも言います。

 

それは、お客様のお住まいへの「価値観」を知りたい、
共有したいと思うからです。
ご希望条件をお聞きするのですが、それだけでは不十分なのです。
その先にある価値観を理解しないと、本当のお住まい探しでのお手伝いは出来ません。

 

『埼京線、駅徒歩15分以内、4,500万円以内、土地30坪、
4LDK、新築一戸建て』
この条件でお探しの場合、物件はあると思います。
正確に言うと、相場としては無理な条件ではないですね。
物件の有る無しは、そのタイミングによりますから。

 

では、この条件で探している方が、
項目が一致しているからといって契約するかどうかは分かりません。

 

お住まい購入決定には、多くの比較要素が絡み合って決断されます。
簡単に言えば、優先順位ですが、
これもまた、あやふやな部分も多いですからね。

 

この明確に輪郭のあるご希望だけでなく、
曖昧な不確かな部分をお聞かせいただきたいと思っています。

 

これが、お住まいへの「価値観」につながっています。

 

 

みなさんは、最初からここまで話すことに抵抗を感じている方も多いと思います。
実際、ほとんどご自身で見て、判断し、購入決断をされる方もいます。

 

 

私も、自宅マンションを購入した時は、
他にマンションは1件も見ないで、
内見してそのまま「買います。」って言っていましたから!

 

 

でも、ほとんどの方は、いろいろとご覧にならないと決められないと思います。

 

 

その時の判断材料としてお役に立てるように、物件の長所短所をお話しします。
その長所は、見方を変えれば短所にもなり得るし、短所もまた長所になる場合もあります。

 

私は、多くのお客様の感想をお聞きしていますから、
「こんな見方をするお客様もいらっしゃいました。」とお話しできます。
もちろん強制ではありません。

 

でも、私自身もそうですが、
物の見方考え方に偏りが出てしまうことがありますから、
新しい価値観を知ることで、
より広い視野でお住まい探しが出来るようになります。

 

私は、お客様のお住まい探しのお役立ちになるため、
アドバイザーとしてお話しさせていただきます。

 

もし、こんな不動産営業マンを求めている方は、いつでもご相談ください。

 

お気軽にお問い合わせください。

クリックで、お問い合わせフォームへ。