不動産営業として第一義に。



こんにちは、藤島住宅の大目(おおめ)です。
弊社は、基本的に自社での新築一戸建て分譲会社となります。
自社で土地の仕入から、設計、建築、販売、アフターサービスまでを一貫して行っています。
これは、お住い購入する際には、ご安心いただける大きなメリットの一つではあります。
お住まいを探されている方のご希望条件は、エリア・ご予算などさまざまなご希望をお持ちです。
ですが、残念ながら藤島住宅の分譲物件を、常にあちらこちらに物件を提供できません。
価格帯に偏りが出てしまう場合もあります。
ですので、お問い合わせ頂いた物件を必ずしも気に入っていただけるとは限りません。
私の営業スタンスとしては、「お客様の価値観の尊重」を第一義としていますので、何がなんでも藤島の物件を買っていただく様な営業はいたしません。
(社長が読んだら、叱られるかもしれませんが・・・!)
そこで、「お客様のお住いへの価値観を共有」するために、お客様ご家族のお住いへのご希望や夢をお伺いします。
そして、市場に出ている仲介物件をご紹介しご案内いたします。
ここで、お住い探しは、「物件探し」と合わせて、「不動産会社(不動産営業マン)探し」が重要になってくるのです。
お住いを探されている方の中で、「不動産屋=情報屋」とお考えの方も少なくないとは思います。
確かに、情報が入ってこない事にはご検討も出来ませんから、的確により多くの情報をお届けするのも、我々の重要な役目となります。
しかし、気に入った物件が見つかってからが重要であり、営業により事の運びに差が大きく出てしまいます。
買手としてはいざ気に入った物件が見つかってからは、売主側と価格など諸々の条件を詰めなくてはなりません。
交渉を少しでもスムーズに進めるために、住宅ローンの事前審査を先に行っておく、もしくは、すぐ提出できるように準備しておくなど、早め早めに動くことも大切です。
また、ローンに関して銀行と、登記に関して司法書士など段取りを整える必要もあります。
以前、私が売主側仲介として担当させていただいた取引で、買主側仲介担当者がなかなかスムーズに動いていただけなかった事がありました。
お引き渡しの時にも、買主様との間で二度三度と事前にお伝えしていたことと違ったことがあり、我々が居たにもかかわらず、その営業への不満の表情を隠すことが出来ませんでした。
明らかに、それまでにもいくつもの不満が積み重なっていたようでした。
せっかくのお住まい購入の最終のお引き渡しの場で、その様な気持ちで迎えさせてしまうは本当に申し訳ないことだと思います。
仲介としてご紹介できる物件というのは、基本的にはどの不動産業者でもご紹介出来るということです。
いくつかの不動産業者にお問い合わせをした後、ほとんど同じ物件がご紹介される経験をされた方も多いかと思います。
なかなか、不動産会社、営業マンの資質を見極めるのは難しいとは思いますが、なんとなく肌感覚で合う合わないが感じられるかとは思います。
私も、いままでにお手伝いさせていただいたご契約の中で、私がご紹介やご案内していない物件でのご契約も4~5件ほどはあります。
たまたま通りがかった物件で内見し気に入ったからと、わざわざご連絡いただいたり、他の業者に案内していただいて気に入ったからとご連絡いただいたりもしました。
お客様から、ネットでこんな物件を見つけたんだけどとご連絡を頂くことも良くあります。
そんな時、物件の中には、私がご案内できない場合もあります。その旨をお伝えするのですが、
「大目さんが紹介できないならその物件は見なくて良いです。」と言っていただいたこともありました。
営業冥利ではあるのですが、申し訳ないやら複雑な気持ちでもあります。
自慢話になってしまいましたが、こんな関係を築けたのはお客様からどんどんご質問やご相談をしていただいたからでもあります。
また、買う買わないは別として、どんどん一緒に物件を見に行き感想をおっしゃっていただくことで、お客様との価値観の共有が出来たからです。
情報だけを待って、お客様から何も働きかけがなければ難しかったと思います。
疑問や不安に思われることがありましたら、どんなことでも遠慮せずご相談ください。
お問い合わせフォーム

クリックすると移動します。