マンションリフォーム立ち合い



先日、さいたま市南区のマンションをご契約しましたA様が、リフォームの見積もりを依頼するため、現地にてリフォーム業者との打ち合わせに立ち会って来ました。
数社にお願いしたので、時間も長時間になり大変な部分もありますが、大変勉強になります
業者によって、または担当者によって、一つの工事内容でも、その解決方法が違います。
どれが正しい、間違っているという事ではなく、それぞれの経験から提案や補足説明の抑えどころがが変わってきます。

 

中古マンションをご案内する際に、ほとんどのお客様からリフォームについてご質問を受けます。
勿論、詳細や正確な工事内容・金額は、本日の様に業者による立ち合いが必要ですが、私も持っている知識から、およその事はご説明いたします。

 

その時の、私からの説明内容や正確性、提案の幅が、こうして業者の見積もりに立ち会うことで引き出しの数が増えてきます。

 

そんな中、本日立ち合いを行ったリーフォーム会社の営業の方から、
「不動産の営業の方も、一日立ち会って大変ですね!
最初だけ立ち会って、すぐに、後はヨロシク。。。と言って帰ってしまう業者さんも結構いますよ。」
と言われました。
リフォームについては専門外だから、居ても仕方がないと考える営業もいるんですよね。

 

リフォームだけでなく、住宅ローンの手続きで、金融機関と融資について契約を行う時も、金融機関の担当者がすべて行いますので、最初から同席しない営業、最初だけ一緒に入っても、直ぐに出てロビーでただ待っている営業などもいます。
営業マンによるというよりは、その不動産会社の方針ですが・・・

 

弊社の場合は、業務担当か私が必ず立ち会います。
お客様が自主ローンを選択された場合は、そもそも弊社が間に入ることが出来ないので、ご自身で手続きとなりますが、それ以外は同席します。
実際、お客様も初めてのことで不安ですし、ご契約全体の取引について確認されることもありますからね。

 

リフォームについても、お客様は素人ですので、質問の仕方も分からないことだってあります。
そんな時は、私が、「こういう方法ではできないの?」などと質問して、リフォームの提案内容の幅が広がるようにします。
ある面では、いろんな業者のリフォームを見ている私の方が知識があるっ事だってありますから!

 

という事で、今日も不動産営業としての知識を、ちょっと増やしてきたのです!!

 

こんな所も、不動産営業マンを見極めるポイントかもしれません。
仲介物件の場合、ほとんどの物件で他の不動産業者での紹介も可能だったりします。

 

つまり、同じ物件を内見、ご契約、アフターと進んでいくときに、仲介を依頼する不動産業者、担当営業マンによって、内容は大きく違ってくるのです。
「物件は同じだから、買えればどこだって一緒。」
と思っている方も多いかもしれませんね。

 

中古物件をご検討されていて、売主さんも個人の場合、お互い素人での不動産売買ですから、間に入る仲介業者がしっかりしていないと、ちょっとしたことが大きな問題になってしまうこともあるのです。

 

お住い探しで、疑問や不安をお持ちでしたら、まずはお気軽にご相談ください。

お問い合わせフォーム

クリックすると移動します。